【Outlook】データファイル:「ostを開けません」エラーの解決方法

/

【Outlook】データファイル:「ostを開けません」エラーの解決方法

本記事ではMicrosoftのOutlook起動時に発生するエラー、「Outlookデータファイルostを開けません。」の解決方法について解説していきます。

このエラーはOutlook起動時に突然発生し、その後Outlookを起動できなくなってしまいます。

Outlookは仕事で使っている方にとっては必須のツールであるため早急に解決する必要があります。

本記事を通してエラーの原因とその解決方法を学んでください。

Outlookで発生したエラー

Outlookを起動すると以下のエラーが発生することが稀にあります。

エラー

Outlookデータファイル:ファイルC:\〇〇〇.ostを開けません。

Outlookデータファイル:ファイルC:\〇〇〇.ostを開けません。

これはOSTファイルを開く際になにかしらの問題が発生したことを意味します。
このエラーが発生してしまうとOutlookが起動しなくなってしまいます。

まずはこのエラーメッセージで記述されている、OSTファイルについて確認しましょう。

データファイル(ostファイル)

データファイル(ostファイル)とは

データファイル(ostファイル)とは、ダウンロードしたメールや予定表、連絡先などのデータが保存されたファイルです。

使用しているサービスがMicrosoft365やExchangeアカウントの場合、データファイルは拡張子ost(ostファイル)で保存されます。

それ以外ではPSTで保存され、データファイルにはOSTとPSTの2種類があるというわけです。

ostファイルと関係が深いものとして、プロファイルがあります。

プロファイルはメールアカウント情報やデータファイルの保存場所を格納している情報群です。

プロファイルについては以下記事をご参照ください。

ostファイルが破損する原因

ostファイルは他のファイルと同様に破損することが稀にあります。破損すると様々な問題が発生します。

その問題の一つが今回のエラー「Outlookデータファイル:ostを開けません。」です。

このエラーが発生する原因としては以下の理由が考えられます。

  • 突然のアプリ終了により同期が切断されることによるOSTファイルの破損
  • プロファイルの誤った構成
  • Outlookアプリの更新の失敗

上記以外にも様々な理由からデータファイルが破損することがあります。

エラーの修復方法

今回のエラーが発生した原因は以下の2つが考えられます。

  • OSTファイルの破損
  • Outlookアプリ自体の問題

エラーを見ただけでは、上記2つのどちらが原因なのかはわかりません。そのためそれぞれの原因に対応したアプローチを順々に行っていきます。

  1. パソコンの再起動
  2. Outlookをセーフモードで起動
  3. Officeプログラムの修復
  4. OSTファイルを削除

上記の解決方法を順々に行っていきましょう。

1.パソコンの再起動

今回のエラーの場合はOSTファイルまたはOutlookアプリの問題であるため、再起動をしても解決する可能性は低いです。

しかし再起動によって修正されるエラーも多いので、まずはパソコンの再起動を試してみましょう。

2.Outlookをセーフモードで起動

パソコンが正常起動しなかった際に利用するセーフモードと同様に、Outlookでも正常起動しなかった場合はセーフモードを利用します。

セーフモードを使って起動すると、必要最低限のシステムでOutlookを起動します。

セーフモードを使うことでOutlook自身に問題があった場合にそれを修正してくれる可能性があります。

セーフモードでOutlookを起動するには以下2つの方法があります。

  • Ctrlキーを押しながらOutlookを起動する
  • 「ファイル名を指定して実行」に「outlook.exe /safe」を入力して実行
  • outlook.exe /safe

3.Officeプログラムの修復

「Officeプログラムの修復」を実施することで今回のエラー「ostを開けません」を修復できる可能性があります。

私の場合はこの方法で多くの場合で修復できています。

「Officeプログラムの修復」にはクイック修復とオンライン修復があります。まずは早く完了するクイック修復を試し、ダメだったらオンライン修復を試してみてください。

  1. コントロールパネルを起動
  2. 「プログラムのアンインストール」を選択
  3. コントロールパネル:「プログラムのアンインストール」を選択
  4. 「Microsoft 365 Apps」を選択>右クリック>変更をクリックする
  5. Microsoft365 app の変更
  6. クイック修復またはオンライン修復を選択し「修復」ボタンを選択
  7. Outlook:クイック修復またはオンライン修復

4.OSTファイルを削除

ここまで紹介した方法でも修正できなければ、OSTファイルが壊れている可能性が高いです。

OSTファイルを修復するのではなく一度削除しましょう。削除後にOutlookを起動することで新たにOSTファイルを生成してくれます。

OSTファイルの保存場所はエラーメッセージに記載されている通りです。

新たにOSTファイルを生成すると、メールをすべて受信するのに時間が必要となりますので、そこはご注意ください。

まとめ

本記事「【Outlook】データファイル:「ostを開けません」エラーの解決方法」はいかがでしたか。

このエラー以外にもOutlook起動時に表示されるエラーはたくさんあります。時間がある方は以下の記事にも目を通していただき、いざエラーが発生したときに対応できるようにしておきましょう。