【Outlook】最新メール(新着)が受信できない場合の解決方法

/

【Outlook】最新メール(新着)が受信できない場合の解決方法

本記事ではMicrosoftのOutlookで発生する問題の一つ、最新メール(新着)が受信できない場合の解決方法について解説しております。

現在では多くの企業や個人がOutlookを使用しています。
Outlookは非常に使いやすいメールソフトではありますが、なにかしらの不具合が発生するとメールが受信できなくなる等の問題が発生します。

この記事を閲覧いただいている人の多くがOutlookの問題の一つ、
「メールが突然受信できなくなる」
という問題が現在発生しているのだと思います。

ぜひ本記事で紹介している解決方法を使って、問題を修復していただければと思います。

またここではOFFICE365のOutlook(Exchange Online)を使っていることを想定して記述しておりますが、それ以外のOutlookでも使用できる対処方法となっております。

最新メールが受信できなくなった問題の原因

Outlookで最新メールが受信できなくなった場合、以下の原因が考えられます。

  • メールボックスの容量がいっぱい(足りない)
  • Outlookのキャッシュファイル
  • オフライン作業が有効になっている
  • プロファイルまたはデータファイル(ost)が壊れている

次項より、これら原因の解決方法について詳しく解説していきます。

一つ一つ確認していただければ、いずれかの方法で発生している問題が解決できるはずです。

メールボックスの容量がいっぱい(足りない)

OFFICE365のOutlook(Exchange Online)では、1アカウント50GB(Office365 Enterprise E3以上では100GB)の容量が提供されます。

この上限に近づくことで最新のメールが受信できなくなります。

その場合はメールの削除をするか、プランを上位のものに変更するしか方法はありません。

詳しくは以下記事をご参照ください。

Outlookのキャッシュファイル

キャッシュファイルとは

Outlookにはキャッシュと呼ばれるファイルが存在します。
このファイルはOutlookのパフォーマンス向上のために使われています。

しかしこのキャッシュファイルが新着メールの受信を妨げる要因になることがあります。

キャッシュファイルの削除

キャッシュファイルを削除することで最新メールの受信が回復する可能性もありますので、まずはキャッシュファイルの削除を試してください。

キャッシュファイルの保存場所は次の方法で開くことができます。

  1. Windowsキー+Rキーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」を開く
  2. ファイル名を指定して実行を開く
  3. %localappdata%\Microsoft\Outlookを入力し、OKをクリック
  4. キャッシュファイルの保存フォルダを開く
  5. 開いたエクスプローラーの「RoamCashe」フォルダ内にOutlookのキャッシュファイルが保存されています

上記で開いたエクスプローラーからRoamCasheフォルダに入り、すべてのキャッシュファイルを削除してください。

Outlookを起動して、無事にメールが受信できるようになるか確認してください。

Outlookを起動するとキャッシュファイルは自動的に生成されますので、キャッシュファイルを削除することによる影響はありません。

オフライン作業が有効になっている

オフライン作業とは

Outlookには「オフライン作業」という機能が存在します。

この機能を有効にすることで、オフライン(メールサーバーとの接続を停止する)でOutlookを操作できるようになります。

つまり新着メールの受信やメール送信を停止するということです。

オフライン作業の使用用途

オフライン作業は通常はあまり使用することがない機能ではあります。

使う場面としては、モバイルルーターやスマートフォンでのテザリングといった月のデータ使用量が決まっている場合に、データ使用量を抑えたいときに使用します。

オンライン・オフラインの切り替え

Outlookで新着メールが受信されなくなった場合、オフライン作業が有効になっているか確認してみましょう。

オンライン・オフラインの切り替え方法は次のようになります。

  1. Outlookを起動し、「送受信」タブを選択
  2. Outlook:送受信タブを選択
  3. 「オフライン作業」をクリック
  4. Outlook:オフライン作業を選択

オフライン作業が背景グレーになっていればオフライン作業が有効になっています。
解除するには再度オフライン作業をクリックします。

プロファイルまたはデータファイル(ost)が壊れている

プロファイル・データファイルとは

プロファイルとはOutlookを使う上で欠かせないユーザーの情報が保存されている情報群のことです。

プロファイルにはメールアカウント情報やデータファイル(ostファイル)の保存場所などの情報が保存されています。

データファイルとは、送受信したメールや連絡先、予定表などをローカルに保存したデータ群です。

データファイルにより、オフラインでもメールの閲覧などが可能になっております。

Outlook365アカウントやExchangeアカウントであれば、拡張子ostファイルで保存されます。

これらプロファイルまたはデータファイルに何かしらの問題が発生している場合、最新のメールが受信できなくなります。

プロファイルの新規作成

プロファイルまたはデータファイルに何かしらの問題が発生しているのであれば、新規にプロファイルを作成することで問題を解決できます。

以下に新規にプロファイルを作成する方法を記します。

  1. Outlookを起動し、「ファイル」タブを選択
  2. Outlook:ファイルタブを選択
  3. 表示されたアカウント情報から「アカウント設定」>「プロファイルの管理」を選択
  4. Outlook:プロファイルの管理を選択
  5. 表示されたメール設定から「プロファイルの表示」を選択
  6. Outlook:プロファイルの表示を選択
  7. プロファイル一覧が表示されますので、「追加」を選択
  8. Outlook:プロファイル一覧から追加を選択
  9. 新しいプロファイル名を入力し、「OK」を選択
  10. 電子メールアカウント情報を入力し、「次へ」を選択
  11. Outlook:次へを選択
  12. 新しいプロファイルが追加されたら、「常に使用するプロファイル」を新しく作成したプロファイルに変更し、「OK」を選択
  13. Outlook:常に使用するプロファイルを解除する
  14. Outlookを再起動

上記の方法により、新しいプロファイルは作成されます。

また新しいプロファイルでOutlookを起動することで、新規のデータファイルが自動生成されます。

OFFICE365のExchange Onlineであれば、同期がスタートしてメールが随時受信されるはずです。

メールの量が多い場合はすべてメールを同期するまでに多くの時間を有しますのでご注意ください。

Exchangeキャッシュモードをオフ(無効)にする

私が所属する会社でも多くのスタッフが突然メールを受信できなくなるトラブルが発生しています。

ほとんどの場合、上記で解説したプロファイルの新規作成で問題を解決していますが、すべてのメールを受信するまでに非常に多くの時間(中には1日以上)が必要になります。

そして大きな問題として、過去のメールを受信している間は新しいメールをなぜか受信しません。

そうなると一部のスタッフで、とにかく最新のメールを業務時間中は受信できるようにしたい!という要望が出てきます。

こういったときにお勧めの方法が、Exchangeキャッシュモードをオフ(無効)にすることです。

データファイルに異常がある場合、Exchangeキャッシュモードを無効にすることで新着メールを受信できるようになります。

この方法でまずはOutlookをキャッシュモードからオンラインモードに切り替えて、最新メールを受信できるようにします。

そして業務時間が終了したら、新規でプロファイルを作成し、メールの同期を一日中行うという方法を取ります。

Exchangeキャッシュモードを無効にする方法を以下に記します。

  1. Outlookを起動し、「ファイル」タブを選択
  2. Outlook:ファイルタブを選択
  3. アカウント情報から「アカウント設定」>「アカウント設定」を選択
  4. Outlook:アカウント設定を選択
  5. Exchageアカウントをダブルクリックする
  6. 「Exchangeアカウントの設定」画面から「Exchangeキャッシュモードを使用して、Outlookデータファイルにメールをダウンロードする」のチェックを外す
  7. Outlook:Exchangeキャッシュモードを無効にする

ぜひ上記に記したExchangeキャッシュモードを無効にする方法も使ってみてください。

まとめ

本記事「【Outlook】最新メール(新着)が受信できない場合の解決方法」はいかがでしたか。

Outlookでは様々な問題が発生して、メールの送受信ができなくなることが多々あります。

本サイトOFFICE54ではこの記事以外にも、様々なOutlook問題の解決方法を解説していますので、ぜひご参考にしてください。