【Teams】誤って削除・過去に削除したファイルを復元する方法

2022.05.20 /

【Teams】誤って削除・過去に削除したファイルを復元する方法

本記事ではMicrosoft 365のTeamsにおける、誤って削除したファイルや過去に削除したファイルを復元する方法について解説していきます。

Teamsにはファイルをアップロードして、チーム内で共有することができる機能が備わっています。この機能で共有した大事なファイルを間違って削除してしまった場合、もう戻すことはできないのか?

実は誤って削除したファイルや過去に削除したファイルは復元することができます。

本記事を通して、Teamsで削除したファイルの復元方法を学んでいきましょう。

Teamsでのファイルの保存先

TeamsでアップロードしたファイルはTeamsに保存されるわけではありません。アップロードしたすべてのファイルは同じMicrosoft 365(旧Office365)サービスの一つSharePointに格納されています。

sharepoint

Teams上からでは削除したファイルは見当たりませんし、復元するためのボタンなど一切ないです。そのため誤って削除したらもう元に戻せないと思う方が多いです。

しかしSharePointに移動すると削除したファイルが存在し、そこから復元することが可能です。

ちなみにTeamsの会議で録画した動画はSharePointまたはOneDriveに保存されます。チャネル会議ではSharePoint、それ以外の会議ではOneDriveに保存されます。詳しくは以下記事をご参照ください。

削除したファイルの復元方法

SharePointのゴミ箱への移動

Temasのチャネルでアップロード(共有)したファイルの復元方法について解説していきます。

注意

この方法はTeamsのチーム>チャネルでアップロードしたファイルのみが対象となります。チャットで共有したファイルは対象外となりますのでご注意ください

Teamsのチャネルにアップロードしたファイルを削除するとSharePointのゴミ箱に移動しています。

SharePointのゴミ箱への移動方法は以下の通りです。

  1. 対象のチームのチャネルを開き、「ファイル」を選択
  2. Teams:対象のチームのチャネルを開き、「ファイル」を選択
  3. 「…」>「SharePointで開く」を選択
  4. Teams:「…」>「SharePointで開く」を選択
  5. ブラウザでチャネルのSharePointが開きます。左側から「ごみ箱」を選択
  6. Teams:ブラウザでチャネルのSharePointが開き左側から「ごみ箱」を選択

上記の流れで削除したファイルが格納されているごみ箱を開くことができます。

削除したファイルの保存期間

削除したファイルがごみ箱に保存されている期間はデフォルトでは93日間です。それ以上前に削除したファイルはごみ箱からは見つかりません

Teamsで削除したファイルを復元

ごみ箱にあるファイルを復元する方法は以下の通りです。

  1. 復元したいファイルをチェック
  2. Teams:復元したいファイルをチェック
  3. 「復元」をクリック
  4. Teams:「復元」をクリック

上記の方法によりTeamsで削除したファイルを復元できます。

注意

SharePointのごみ箱からファイルを削除すると完全に削除され復元できなくなりますので、ごみ箱から削除する際は十分に注意してください

まとめ

本記事「【Teams】誤って削除・過去に削除したファイルを復元する方法」はいかがでしたか。

会社でTeamsを利用している場合、ここで紹介したファイルの復元は非常に有用な機能です。ぜひ社内に広めて、全員で利用するようにしましょう。

Teams:便利な機能のご紹介

検索ボックスの利用方法

チャットやチャネルから特定のメッセージを検索する方法として、検索ボックスを利用する方法があります。

Teamsには様々な検索方法が用意されています。使いこなすことで簡単に希望のメッセージを見つけられるようになります。

会議を録画する方法とその保存先

Teamsでは会議を録画することができます。議事録の作成や不参加の方への共有にとても便利な機能です。

通知の設定

集中したいときにTeamsの通知が邪魔になることがあります。そんなときはTeamsの通知を非表示(オフ)にしましょう。