【Teams】Web会議中にパソコンの画面を共有する方法

2022.05.03 /

【Teams】Web会議中にパソコンの画面を共有する方法

本記事ではMicrosoftが提供するチャットツールのTeamsにおける、会議中にパソコンの画面共有する方法について解説していきます。

会議中にエクセルやパワポといった資料を参加者に共有したい場面は多いですよね。口頭だけでは伝わりきらないことを、資料を使って説明することで相手の理解度は深まります。

Teamsではとても簡単にパソコンで開いている資料(ウィンドウ)を、会議参加者に共有する(見せる)ことができます。わざわざ資料を配布する手間がなくなるので、Web会議では必須の知識です。

ぜひ本記事を通して、Teamsでの画面共有の方法を覚えてください。

またTeams会議では会議の録画も頻繁に利用されています。会議の録画については以下記事をご参照ください。

本記事を通して以下の知識を学べます。

学べる知識
  • 画面共有について
  • Web会議でデスクトップを画面共有する方法
  • Web会議で特定のウィンドウを画面共有する方法

画面の共有について

Teamsには会議中に画面を共有する機能が備わっています。画面共有できるタイミングは次の2つです。

  • チャット
  • Web会議

画面共有の機能を使用すると、Web会議参加者に自分のパソコンの画面を共有(表示)することができます。

利用用途としては、プレゼン用にパワーポイントを画面共有する、なにか説明する際に資料を共有する等の用途が考えられます。

口頭だけでは説明しきれない点を、視覚的に説明を補えるため、会議参加者の理解を深めることができます。

注意点

画面を共有できるのは会議参加者のうち1人だけです。複数人が同時に画面を共有することはできません。

本記事ではWeb会議中の画面共有について詳しく解説していきます。

Teams:Web会議での画面共有

Teamsの画面共有では以下2通りの方法があります。

  • デスクトップの画面共有
  • ウィンドウ(アプリケーション)の画面共有

それぞれの特徴や方法について次項より解説していきます。

デスクトップの画面共有

Teamsの会議中に自分のパソコンのデスクトップ画面を画面共有することができます。

デスクトップ画面を共有することで、一度に複数のウィンドウ(資料)を参加者に見せることができます。複数の資料をもとに話を進めていきたい場合は、デスクトップ画面の画面共有機能を利用してください。

デスクトップ画面の画面共有は以下の流れで行います。

  1. 画面右上にある「コンテンツの共有」を選択
  2. Team:画面右上にある「コンテンツの共有」を選択
  3. 「画面」項目の下に表示されるデスクトップ画面を選択
  4. Teams:「画面」項目の下に表示されるデスクトップ画面を選択

使用しているパソコンが複数のディスプレイを使用(マルチモニター)していた場合は、どのディスプレイを画面共有するか選択してください。

Teams:マルチモニター時の画面共有

ウィンドウ(アプリケーション)の画面共有

Teamsの会議中に指定したウィンドウ(アプリケーション)のみを画面共有することができます。

他に起動しているアプリケーションなどを参加者に見せたくない場合は、ウィンドウの画面共有機能を使用してください。

ウィンドウ(アプリケーション)の画面共有は以下の流れで行います。

  1. 画面右上にある「コンテンツの共有」を選択
  2. Teams:画面右上にある「コンテンツの共有」を選択
  3. 「ウィンドウ」をクリック
  4. Teams:「ウィンドウ」をクリック
  5. 「ウィンドウ」の下に現在開いているアプリケーションの一覧が表示されるので、画面共有したいウィンドウを選択

画面共有したウィンドウの淵は赤くなり、共有されていることがわかるようになっています。

画面共有の停止

会議中に実行した画面共有を停止するには、以下2つの方法があります。

  • 「共有を停止する」を選択する
  • Teams:「共有を停止する」を選択する
  • 「発表を停止」を選択する
  • Teams:「発表を停止」を選択する

上記どちらの方法でも同じように画面共有を終了することができます。

まとめ

本記事「【Teams】Web会議中にパソコンの画面を共有する方法」はいかがでしたか。

Web会議を頻繁に行う現代では、画面共有は業務に欠かせない機能の1つとなりました。

実際に会議で画面共有をする場面に遭遇した場合に焦らないように、事前に本記事を参考にして練習してみてください。