2021年から漫画などの書籍が違法ダウンロードの対象になります【改正著作権法】

/

2021年から漫画などの書籍が違法ダウンロードの対象になります【改正著作権法】

6月5日に漫画や書籍などを含む全著作物のダウンロード違法となる「改正著作権法案」が参議院本会議で可決されました。

今までは音楽や映像のダウンロードについては違法でしたが、漫画や書籍に関しては違法ではありませんでした。

※アップロードに関しては漫画及び書籍も違法でした。

これが今回の「改正著作権法案」の参議院本会議可決により今後どうなるのか、詳しく解説いたします。

もしまだインターネット経由で漫画や小説、ラノベ、雑誌などを違法でダウンロードしていた人はその行いを辞めるいい機会になるでしょう。

「改正著作権法案」可決で今後どう変わる?

2020年6月5日、「改正著作権法案」が参議院本会議で可決されました。

しかしすぐにこの法律が施行されるわけではないです。

施行されるのは2021年1月1日からです。

施行後は、違法にアップロードされたコンテンツと知っていながら、漫画や書籍、論文、プログラムなどのすべての著作物をダウンロードする行為が違法となります。

今までは音楽や映像だけでしたが、それに加えて漫画や書籍などが加わった形となります。

今回の改正は、去年騒ぎになった「漫画村」が大きく関係しています。「漫画村」などの海賊版サイトによる被害がとても大きかったため、今回の法改正に至ったと考えます。

また「海賊版サイト」の情報を集約して誘導している「リーチサイト」の運営も違法となります。

この規制に関してはもう少し早く、2020年10月1日に施行されます。

著作権法対象外について

全部を全部著作権法の違反にすると、インターネット利用を委縮されることも考えられるため著作権法の対象外も決められました。

例えばスクリーンショットの映り込み、何十ページもある漫画の数コマ程度といった「軽微なもの」は対象外です。

Twitterなどで数コマ使う分は大丈夫だよ、っていう解釈でいいのかなと思います。

ですが「軽微なもの」というのが人により感覚って違いますよね。

一応何十ページの漫画に対する半分程度、1コマ漫画や写真などのダウンロードについては「軽微なもの」ではないと示されています。

違反すると実際に逮捕されるのか?

平成24年10月1日から、違法配信と知ってその配信された音楽や映像のダウンロードが違法になりました。

施行されてから約7年経ちましたがまだ違法ダウンロードで逮捕された人はほとんどいないです。

この理由としては、

権利者の告訴がないと起訴できない
違法ダウンロードを証明するのがとても難しい
違法者を取り締まるのが現実的ではない

といった理由が挙げられます。

だからといって今後も違法アップロードされた著作物をダウンロードしていいわけではないですよ。

もし違法したの罰則は、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金となっています。

著作物を守っていくためにも1人1人が正しい行動を行っていく必要があります。