【Windows10】Wi-Fi(無線LAN)の接続先一覧が表示されない問題の対処方法

2022.12.06 /

【Windows10】Wi-Fi(無線LAN)の接続先一覧が表示されない問題の対処方法

記事ではWindows10で発生する、Wi-Fi(無線LAN)の接続先一覧表示されない問題の対処方法を解説していきます。

ノートパソコンをWi-Fiに接続するとき、Wi-Fiの接続先(SSID)一覧から対象の接続先を選択し、パスワードを入力することで接続します。

しかし表示されるはずの接続可能なWi-Fiの候補一覧が一切表示されないことがあります。

本記事を通して、この問題が発生した際の修復方法を確認し、現時点でこの問題が発生しているかたは修復を試みてください。

発生した問題について

私は社内SE(システムエンジニア)をしており、日々多くのパソコンに関するトラブルに対処しています。次のようなパソコンのWi-Fi接続に関する問題も発生することがあります。

発生した問題

突然Wi-Fiの接続先が一切表示されなくなり、インターネットに接続ができなくなった

パソコンがインターネット接続できないということは仕事ができなくなることを意味し、かなり重大なインシデントと言えます。通常は次図のように接続先(SSID)の一覧が表示されます。

Windows10:WiFiのSSID一覧

しかし今回の問題が発生した場合、次図のように接続先が一切表示されない状態となります。

Windows10:Wi-FiのSSIDが表示されない

本記事では私が実際に試して、問題を解決している方法を紹介しています。普段からここで紹介している方法を利用しているので、ぜひみなさんも試してみてください。

問題発生時の確認事項

この問題の対処方法は「Wi-Fiのネットワークアダプタの状態」によって異なります。以下の流れで「ネットワーク接続」画面まで進んでください。

  1. 左下の検索窓に「control」と入力し、「コントロールパネル」を起動
  2. Windows10:左下の検索窓に「control」と入力し、「コントロールパネル」を起動
  3. 表示方法を「小さいアイコン」にし、「ネットワークと共有センター」を選択
  4. Windows10:表示方法を「小さいアイコン」にし、「ネットワークと共有センター」を選択
  5. 左側から「アダプターの設定の変更」を選択
  6. Windows10:左側から「アダプターの設定の変更」を選択

表示された「ネットワーク接続」画面から次図のようにWi-Fiのネットワークアダプタが存在するか確認してください。

Windows10:Wi-Fiアダプタ

Wi-Fiのネットワークアダプタが存在する場合は、以下の対処方法を順番に行ってみてください。

Wi-Fiのネットワークアダプタが存在する場合の対処方法
  • Wi-Fiを無効から有効に変更する
  • パソコンの再起動
  • インターネットに接続して再起動
  • ネットワークアダプタのドライバを削除して再インストール

Wi-Fiのネットワークアダプタが存在しない場合は、以下の問題が考えられます。

  • Wi-Fiネットワークアダプタのドライバに問題が生じている
  • ハードウェア側の故障
  • パソコンに無線LAN機能が搭載されていない

ドライバの問題であれば以下に記す対処方法を順番に行うことで修復される可能性があります。

Wi-Fiのネットワークアダプタが存在しない場合の対処方法
  • パソコンの再起動
  • インターネットに接続して再起動
  • ネットワークアダプタのドライバをメーカーサイトから入手してインストールする

Wi-Fi接続先一覧が表示されない問題の解決方法

Wi-Fiで接続先一覧が表示されない問題の対処方法は以下の通りです。「ネットワーク接続」画面でWi-Fiネットワークアダプタの存在有無で実行する対処方法は異なります。前項を確認の上、実行するようにしてください。

  • Wi-Fiを無効から有効に変更する
  • パソコンの再起動
  • インターネットに接続して再起動
  • ネットワークアダプタのドライバを削除して再インストール
  • ネットワークアダプタのドライバをメーカーサイトから入手してインストールする

Wi-Fiを無効から有効に変更する

「ネットワーク接続」画面で確認したWi-Fiネットワークアダプタの状態が次図のように無効である場合、有効化することでWi-Fiが利用できるようになります。

Windows10:wi-fiが無効

無効の状態から有効化する方法は以下の通りです。

  1. Wi-Fiのアイコンを右クリック
  2. 表示された項目から「有効にする」を選択
  3. windows10:表示された項目から「有効にする」を選択

上記を実行すると、Wi-Fiが灰色から色が付いたアイコンに変化します。この状態でWi-Fiの一覧が表示されるか確認してください。

パソコンの再起動

多くのパソコンに関する問題は再起動することで修復されることが多いです。

パソコンを再起動していただいた後、Wi-Fi接続先一覧が表示されるようになったか確認してください。

インターネットに接続して再起動

普通に再起動してダメだった場合、インターネットに接続してから再起動をしてみてください。Wi-Fiのネットワークアダプタが存在しない場合、私の経験ではこの方法でWi-Fiが利用できるようになることが多いです。

インターネットに接続する方法としては、最も簡単な方法がLANケーブルを挿す方法です。もしLANケーブルがノートパソコンにさせなければ、無線を受信するレーシーバーを付けてインターネットに接続できるようにしてください。

ネットワークアダプタのドライバを削除して再インストール

ネットワークアダプタのドライバが原因であることが考えられますので、再インストールして問題が修復されるか確認してみましょう。

ドライバを再インストールするには、まず該当のドライバをアンインストールし、その後再起動を行います。以下にその流れを記します。

  1. スタートを右クリック<「デバイスマネージャー」を選択
  2. スタートを右クリック<「デバイスマネージャー」を選択
  3. 「ネットワークアダプター」を展開し、該当するWi-Fiを右クリック<「デバイスのアンインストール」を選択
  4. ダイアログが表示されますので、チェックボックスにチェックがないことを確認し、「アンインストール」をクリック
  5. チェックボックスにチェックがないことを確認し、「アンインストール」をクリック
  6. アンインストールが完了したら、パソコンを再起動

上記の流れで最後パソコンを再起動すると、起動後自動的にアンインストールしたWi-Fiアダプターが再インストールされます。

ネットワークアダプタのドライバをメーカーサイトから入手してインストールする

Wi-Fiのネットワークアダプタが存在しない場合、メーカーサイトから直接ドライバソフトを入手してインストールしましょう。

まず使用しているパソコンのメーカーサイトからドライバソフトをダウンロードします。ここではLenovoパソコンを例に解説していきます。

Lenovoの場合は以下サイトにアクセスし、製品名またはシリアル番号などで対象のモデルを検索します。

Lenovo製品検索

Lenovo製品検索

次図のような製品画面が表示するので「ドライバーとソフトウェア」を選択します。

製品画面が表示するので「ドライバーとソフトウェア」を選択

「ドライバーの手動更新」または「ドライバーの自動更新」からWi-Fiネットワークアダプタのドライバソフトをダウンロードしてください。

Wi-Fiネットワークアダプタのダウンロード

ドライバソフトをダウンロードしたら実行し、インストーラーの流れに沿ってドライバのインストールを進めてください。

まとめ

本記事「【Windows10】Wi-Fi(無線LAN)の接続先一覧が表示されない問題の対処方法」はいかがでしたか。

紹介している方法で修復ができなければ、ハードウェアのトラブルである可能性が高いです。その場合はメーカーの修理に出すことをお勧めします。