【SoftEther VPN】サーバーのバーションアップ(アップデート)方法

/

【SoftEther VPN】サーバーのバーションアップ(アップデート)方法

本記事ではSoftEther VPNにおけるサーバーバージョンアップ(アップデート)方法について解説していきます。

SoftEther VPNは無料でセキュリティの高いVPNを構築できるため、多くの中小企業で採用されているソフトウェアです。

VPNは非常に便利な反面、セキュリティを気にする必要があります。
そのため新しいバージョンが公開されたらすぐに最新のバージョンにアップデートすることが重要です。

SoftEther VPN Serverでは最新バージョンが公開されると、次のようにポップアップで教えてくれます。

SoftEther VPN:バージョンアップのお知らせ

特に2021年8月に公開された最新バージョンでは、海外からのサーバー攻撃に対応したアップデートになっていますので、即座にアップデートすることをお勧めします。

IPsec VPN装置宛へのサイバー攻撃の注意喚起

2021年8月26日現在では上記のバージョンが最新版となっております。

本記事を通して、SoftEther VPN Serverを最新バージョンにアップグレードする方法を学びましょう。

事前準備

バージョンアップ用ソフトウェアのダウンロード

SoftEther VPN Serverのバージョンアップを行うために、最新のソフトウェアをダウンロードする必要があります。

ダウンロード方法は、SoftEther VPN Serverをインストールしたときと同様の方法になります。

次のサイトにアクセスし、「ダウンロードするソフトウェアを選択」、「コンポーネントを選択」、「プラットフォームを選択」、「CPUを選択」といった選択肢を選び、最新のソフトウェアをダウンロードしてください。

SoftEtherダウンロードセンター

SoftEther VPN:最新ソフトウェアのダウンロード

コンフィグレーションファイルのバックアップ

SoftEther VPN Serverのアップデートにより、不具合が発生した場合を考えてコンフィグレーションファイルのバックアップを取得します。

万が一アップデート後にサーバー機が動作しなくなっても、バックアップしておいたコンフィグレーションファイルを使用することですぐに代替機を作成することができます。

コンフィグレーションファイルのバックアップ方法については以下記事をご参照ください。

アップデート時のVPN Server停止について

SoftEther VPN Serverは基本的にシステムを停止する必要がないように設計されています。
ちょっとした設定変更を行ってもアプリケーションの再起動を必要とはしません。

SoftEther VPN Serverの停止や再起動を必要とするプロセスは次の4つです。

  • OS自体の再起動(OSアップデートなどで必要になった場合等)
  • SoftEther VPN Serverのアップデート
  • SoftEther VPN Serverの不具合で必要となった場合
  • コンフィグレーションファイルを手動で変更時、またはロールバックする場合

今回はSoftEther VPN Serverをアップデートするため、アップデート作業前に機能を停止する必要があります。

そのため事前にVPNを使用している会社スタッフ等に、VPNが使用できなくなる旨を伝えておく必要があります。

作業時間としては問題なくアップデート作業が行われれば、10分ほどでVPNを再開することができます。

私の場合

だいたい1週間ほど前にVPNを使用する社員全員にVPNが使えなくなる旨をメールします。万が一のことを考えて、作業時間は1時間~2時間と多めに伝えるようにしています

SoftEther VPN Serverのバージョンアップ(アップデート)

SoftEther VPN Serverをバージョンアップする流れは次のようになります。

  1. VPN機能の停止(サービスのSoftEther VPN Serverを停止する)
  2. インストーラーの起動・アップデート
  3. VPNが起動後に動作確認

1.VPN機能の停止(サービスのSoftEther VPN Serverを停止する)

VPN機能を停止するために、サービスから「SoftEther VPN Server」を停止します。

Windowsでサービスを起動する場合、検索フォームにサービスと入力して、「サービス」を起動します。

Windows10:サービスの起動

起動した「サービス」画面から「SoftEther VPN Server」を停止します。

これにより、SoftEther VPN Serverは停止し、VPN機能が機能しなくなります。

2.インストーラーの起動・アップデート

SoftEther VPN Serverを停止したら、次に事前にダウンロードしておいた最新のインストーラーを起動します。

以下の流れでSoftEther VPN Serverのアップデートを行います。

  1. 起動するとSoftEther VPNセットアップウィザードが始まります。「次へ」をクリックして、インストール処理を開始します
  2. SoftEther VPN:インストーラー起動後
  3. ようこそ画面が表示しますので、「次へ」をクリック
  4. SoftEther VPN:ようこそ画面
  5. 「SoftEther VPN Server」を選択し、「次へ」をクリック
  6. SoftEther VPN:インストールする機能の選択
  7. 「重要事項説明書」を確認して「次へ」をクリック
  8. SoftEther VPN:重要事項説明書の確認
  9. インストール先ディレクトリを指定して、「次へ」をクリック
  10. SoftEther VPN:インストール先のディレクトリを指定
  11. SoftEther VPN Serverのアップデートが完了します

上記の流れでSoftEther VPN Serverのアップデートが完了し、自動的にVPN機能がスタートします。

3.VPNが起動後に動作確認

アップデートを行うと自動的にVPNは開始されるので、外部からVPNが接続できるかの動作確認を行います。

問題なくVPN接続が行え、VPN接続先のネットワークに接続ができればアップデート作業は終了となります。

まとめ

本記事「【SoftEther VPN】サーバーのバーションアップ(アップデート)方法」はいかがでしたか。

VPNは様々な攻撃者から狙われるシステムの一つです。

サイバー攻撃からの被害を小さくするためにも、SoftEther VPN Serverを常に最新の状態にしておきましょう。