【Python】ttk:Button(ボタン)の使い方(外観設定・オプション一覧・スタイル設定)

/

【Python】ttk:Button(ボタン)の使い方(外観設定・オプション一覧・スタイル設定)

Pythonのtkinter.ttkモジュールでのButton(ボタン)ウィジェットの詳しい使い方について解説していきます。

ttkのボタンウィジェットを装飾するためのオプション(コンフィグ)や、ボタン内の文字のフォント・位置や外観の変更に使用するスタイル設定、ウィジェットを統一したスタイルにするテーマ(theme)についても解説しています。

tkinterでのボタンウィジェットの使い方は以下記事をご参照ください。

ttkはPythonでモダンなGUIアプリを作成するために広く使用されており、PythonでGUIアプリケーションの作成を考えている方には必須なモジュールです。

tkinterとttkの違いに関しては以下記事をご参照ください。

本記事を通して以下の知識を学べます。

学べる知識
  • ttkにおけるButton(ボタン)ウィジェットの使用方法
  • ボタンウィジェットの外観の変更方法(オプション設定)
  • ttkで追加されたスタイル(Style)の使用方法
  • ウィジェットを統一したスタイルにするテーマ(theme)の使用方法

ttkによるボタンウィジェットの作成

ttkのインポート

tkinterは標準ライブラリのためpipでインストールする必要はありません。

tkinter.ttkモジュールはTk 8.5から使えるようになり、最新のPythonであれば問題なく使用できます。

ttkを使用するために、プログラムの先頭でttkをインポートする必要があります。

from tkinter import ttk

ttkをインポートすることで各ウィジェット(ボタン、ラベル、エントリー等)が使用できます。

ボタンウィジェットの作成

ttkのボタンウィジェットはtkinterと同じように文字や画像をボタン上に表示することができ、ボタンのクリック時にイベント(関数)を走らせることができます。

ttkによるボタンウィジェットの作成は下記のように記述します。

button = ttk.Button(frame, text="ttk Button")

上記ではボタンウィジェットの作成では、第一引数にはボタンウィジェットを設置するフレームを指定、第二引数にはtextでボタン上に表示する文字列を指定しています。

ボタンウィジェットのオブジェクトを作成しただけでは表示されないので、忘れずにpack()やgrid()でフレーム上に配置してください。

ttkによるボタンウィジェットにもオプション引数(コンフィグ)が複数用意されてあり、それを用いることで外観を変更できます。

またttkにはスタイル(Style)属性が新たに追加されており、スタイルでないと変更できない設定なども多くあります。

このオプション(コンフィグ)とスタイルがttkを使いこなすことで、洗練されたGUIを作成できるようになります。

オプション引数一覧

以下にttkにおけるボタンウィジェットのオプション引数一覧を記します。

オプション引数 説明
command ボタン押下時の関数を指定
default デフォルトの指定
state ボタンの状態(通常または無効)
text ボタン上に表示するテキスト
textvariable ボタン上に表示するテキストの変数
compound 表示する画像の位置
image 表示する画像の指定
width ボタンの横幅
padding 内部間隔(ボタンの高さはpaddingで調整)
cursor カーソルがボタンに重なった時のカーソル指定
style スタイルの指定
takefocus Tabでのフォーカス指定
underline 下線の位置指定

オプション引数の使い方

default

ttk:defaultオプションの使い方
button1 = ttk.Button(frame, text="ttk Button")
button2 = ttk.Button(frame, text="ttk Button", default="active")
button3 = ttk.Button(frame, text="ttk Button", default="disabled")
指定値 説明
normal 通常(デフォルト)
active アクティブ(枠が強調される)
disable 通常と変わらない

state

ttk:stateオプションの使い方
button1 = ttk.Button(frame, text="ttk Button")
button2 = ttk.Button(frame, text="ttk Button", state="disabled")
指定値 説明
normal 通常(デフォルト)
disabled 無効(押下不可)

compound

compoundオプションは画像をテキストに対してどの位置にするかを指定します。

tkinterのボタンウィジェットと使い方は同じです。
詳しい使い方は以下記事をご参照ください。

tkinter:ボタンウィジェットの画像表示(compoundオプション)

padding

ttk:paddingオプションの使い方
button1 = ttk.Button(frame, text="Button1", padding=[10,20,10,20])
button2 = ttk.Button(frame, text="Button2",padding=[5,10,5])
button3 = ttk.Button(frame, text="Button3",padding=[5,10])
button4 = ttk.Button(frame, text="Button4",padding=[10])

tkinterではheightでボタンの縦幅を指定できましたがttkではできなくなりました。
そのためpaddingによる内部間隔を使って、ボタンの高さを調整します。

指定値
[左、上、右、下]
[左、上下、右]
[左右、上下]
[上下左右]

cursor

cursorオプションでは、マウスカーソルがボタンと重なった時のマウスカーソルを指定できます。

指定できるカーソルの種類はたくさんあります。
詳しくは下記リンクをご参照ください。

tkinter – cursor -

スタイル(Style)の設定

スタイルとは

ttkでは上述しているボタンウィジェットのオブジェクト生成時に指定できるオプション引数だけでなく、スタイル(Style)で外観を変更できます。

ttkの各ウィジェットはデフォルトスタイルが設定されています。
ボタンウィジェットであればTButtonというスタイルが設定されています。

ttkでスタイルによる外観変更をするには、まず新たにスタイルを作成することから始めます。

  • style = ttk.Style()
  • style.configure("office.TButton", font=20, anchor="w")

上記では「office.TButton」という名前のスタイルを新たに作成しています。
オプションでfontサイズを指定し、テキストの位置をw(左側)に指定してます。

この作成したスタイルは以下のようにボタンウィジェットに指定します。

button1 = ttk.Button(frame, text="Button1", style="office.TButton")

ttk:styleの使い方

スタイルで設定できるオプション一覧

下記にttkにおけるスタイルで指定できるオプション一覧を記します。

オプション 説明
font テキストのサイズ指定
anchor テキストの位置
justify 複数行にテキストが渡ったときの揃え
background(bg) ボタンの背景色(テーマ依存)
foreground(fg) 前景色
bordercolor 境界線の色(テーマ依存)
borderwidth 境界線の幅(テーマ依存)

テーマ依存のオプションは、使用しているテーマによって反映しないことがあります。
これはテーマで設定されているスタイルが優先されるためです。

テーマについては次項で説明いたします。

テーマ(theme)の設定

テーマ(theme)とは

ttkはテーマ付きウィジェット(Tk themed widget)と言われるように、各ウィジェットにはテーマが設定されています。

テーマによって統一した外観のウィジェットを使ってGUIアプリを作成できています。
そしてテーマを変更することによって各ウィジェットの外観を変更できます。

テーマの変更

テーマの変更にはtheme_use()メソッドを使用します。

  • style = ttk.Style()
  • style.theme_use('classic')
  • style.configure("office.TButton", anchor="w", font=20, background="blue")
ttk:テーマの使い方

テーマ一覧の確認

現在の環境で使用できるテーマの確認にはtheme_names()を使用します。

>>> from tkinter import ttk
>>> style = ttk.Style()
>>> style.theme_names()
('winnative', 'clam', 'alt', 'default', 'classic', 'vista', 'xpnative')

まとめ

本記事「ttk:Button(ボタン)の使い方(外観設定・オプション一覧・スタイル設定)」はいかがでしたか。

ttkはPythonでGUIアプリを作る際に非常に有用なモジュールです。
なかなかその使い方を詳しく説明しているサイトがありませんので、当サイトでは今後もtkinterとttkについての記事をアップしていきます。